35mmの人工芝の特徴と見た目

自宅のお庭を美しく保ちたいと思われている方は多いと思います。綺麗に手入れされたお庭は家の印象も左右し、気持ちのいいものですが、手入れがとても大変です。手入れの手間を少なくするために取り入れたいのは人工芝です。近年天然芝を模倣した自然な色合い感触の人工芝が沢山販売されています。きちんと手順通りに人工芝を導入することで雑草は生えてきませんし、肥料や水やりの必要もありません。また雨の日も土を使用しないので泥はねがなく、クッション性も高いので小さなお子様が遊ぶのにも最適です。しかし見た目の面が気になるという方もおられますが、35mmの長毛タイプのものを選べば天然芝とほとんど遜色のない仕上がりになります。35mmはさらにクッション性にも優れています。普段目の届かない外周にも使用できて有害な害虫が住み着くのも防げます。

35mmの人工芝の魅力を解説します

人工芝の魅力、それは最大のメリットにしてメンテナンスの不要さです。天然芝は冬場枯れてしまいますし、伸びると駆らなければいけません。水もこまめにあげることが必要ですが、そういった手間が一切なしで冬でも青々とした美しい庭を演出することができます。また維持費もかからず、余計な雑草も生えてきません。最近では本物感を重視した天然芝と変わらない見た目と耐久性にさらに管理のしやすいものが増えていて、それらを手軽に通販で購入できます。それが35mmの人工芝で、クッション性が高いため、お子様やお年寄りの多い施設や幼稚園でも実績が高いです。お手入れも水洗いで済ませられ、掃除機も使用でき、いつまでも綺麗なまま維持することができます。更に水はけが良いので雨が降っても気にする必要がありません。

35mmタイプの人工芝の設置について

庭を緑化したいが手入れが面倒だし、雑草を抜くのも大変だけどペットや子供を遊ばせられる綺麗な庭にしたいと考えられる方多いでしょう。今人気なのは35mmタイプの人工芝で、天然芝と遜色のない仕上がりにすることが可能ですが、いざ購入しても素人に設置は難しいのではないかと思われるかもしれません。しかし、素人でも簡単に敷くことができます。ただひとつ少し力が必要なくらいです。人工芝のマット自体が10mのロールで30kg以上はあるからです。また調整のためにカットするのも力作業になります。ただやることはとても簡単で、敷きたい場所に敷いてU字ピンをゴムハンマーで打つだけです。他に継ぎ目を目立たなくするために、芝の生え際のぎりぎりまで裏のゴムマットを削ってぴったりと引っ付けることで、かなり自然な仕上がりになります。更にデッキブラシで逆立てる方向にブラッシングすることで、寝ている芝生が起きます。