35mmの人工芝を選ぶ際のコツ

人工芝は、さまざまなシーンで使われます。ゴルフのパターの練習や庭に敷いたりしています。長さもさまざまで35mmの人工芝は主にスポーツ施設、イベント会場、店舗などに使用されます。他にも、一軒家などのベランダなどに敷いている家庭もあります。購入するときに気をつけなければならないのは、雨風にさらされるため人工芝といっても7年から8年の間に張り替えなければなりません。他にも、ベランダなどに設置するときには、ただ敷くだけでは風飛ばされてしまうことがあるため、購入するときには、防風シートが必要です。選ぶコツとしては、ネットなどで安いものを探すことは簡単なのですが、防風シートなど設置するために必要なものがあるのでセットになっているものや、いないものなど様々あるため注意して購入することが賢い選択です。

35mmの人工芝の魅力とは何か

人工芝には、長さがさまざまあります。長さの短いものは、ゴルフの練習に最適になっています。35mmの人工芝は、長いので乗った感じがふわふわと柔らかいため、小さな子供やペットのいる家庭にはとても使われていて、このフワフワが魅力と言われています。お手入れをする必要がないため手入れをする時間がなかなか取ることができない子育て世帯などにとてもおすすめの人工芝です。ベランダなどにも敷くことができて必要な長さにカットすることができるため、好きな形に家の雰囲気を簡単に変えることができます。敷く場所を選ばないという点で人工芝はとても魅力的なのです。しかし、天然芝にも魅力があった四季の移り変わりを芝生から感じ取ることができたり、夏場は涼しさを感じることができてゆったりとすることができるというよい点もあってお互いによい点があります。

35mmの人工芝でもさまざまな種類があります

人工芝を一概に言っても種類はさまざまあり、サイズの種類も豊富にあるのです。素材もポリプロピレンやポリエチレンがあって、違いとしては耐久性やランニングコストに大きな違いがあって選ぶ素材によって張り替える時期が変わってきて長年使ったときのトータルでのコストに差が出てきます。ほかにも長さの違いもあります。短いものだと6mmからあり、長いものだと50mmまであります。短い人工芝は、寝転んで庭でくつろぎたい人におすすめです。35mmなどの中間の長さは適度なクッション性に優れているため、サッカーなどのスポーツを行うのに適しています。ほかには、人工芝に天然芝のようなリアルな手触りを求めている場合には、短いものよりは長いものの方が天然芝の触り心地に近いのです。人工芝で選ぶ基準としては、人工芝を使う用途によってその芝を使う人はどんな人なのかということを考えてから選ぶことが必要です。